教育・学習・子育て情報ブログ

においを翻訳、判別し、そして再現が可能に・・・

においを判別し再現できる装置が開発されたとのこと。

センサーでにおいを分析し、調合装置に入った32種類の「においのもと」を組み合わせ再現する仕組みで、リンゴやバナナの甘い香りや熟した香りの判別に成功したとここと。

理論上は40億通りのにおいを作り出せるというが、実際に作り出したにおいをかいでみたいし、それよりも、においのもとのニオイをかいでみたいと思う。

それ以前に、32種類のにおいのもとは臭うのだろうか・・・

ところで以前、携帯電話かなにかで臨場感を出すために、においを作り出せる物ができたとかできないとか・・・聞いた記憶があるが、はっきりしない。

ゲーム機だったろうか?

どちらにしろ、バーチャルなものがよりリアルに表現できるようになるのは間違えないだろう。

ADHDなどの原因?のひとつ?

以前、PCB(ポリ塩化ビフェニール)という物質が注意欠陥多動性障害(ADHD)などの神経系疾患を起こすとの報告もあるということが、とある共同通信の記事に載っていた。

これは以前から言われていたことで、改めてPCBとADHDについて調べてみたいと思うが、引用や出典云々で色々面倒なので、ここは横着をしてgoogleの検索式を入れておいた。興味のあるかたはどうぞ!

ポリ塩化ビフェニール+ADHD

IQを診断してみてはいかが?

オンラインで診断できるのはご存知だろうか?

手軽になったものだ、昔は学校で一斉にテストをしたものだが、いい時代になった。

ちなみに、現在オンラインでテストできるところを紹介しておくので、やってみてはいかが?

http://www.unnmei.com/iq.html

TVやVTRは良くない?

以前、TV・VTRは幼児に良くないというような記事が新聞に載っていた。

しかし、人が車を発明し、町中に車があふれ、人類が運動不足になっても誰も車を作るのはやめないし、ますます発展していくだろう。

TVについても同様、誰もTV放送をやめないし、VTRやパソコンもどんどん家庭に浸透していくし、すでに浸透しきっている。

それを、見せない方がいいといっても、無理というもの、車をもっていて、歩けということと同じだからだ。

それに、TVやVTR・パソコンなどの問題だけだろうか?

たとえば、食物や添加物の問題、それに雑誌・新聞報道による、残虐な記事やニュースの垂れ流し、そのようなものについても問題は色々といわれてはいるが、これらの複合的な問題もあるのでは・・・

また、別の観点で家庭内の電磁波の問題、携帯電話や電子レンジ、もちろんTVやパソコンもある。

それらのものからでる電磁波の脳に与える影響はどうなのか?

などと考えていると、単にTVやVTRを見せることが悪いということは小さな問題のような錯覚に陥る。

いまここに書いたことは、本来どれも重要な問題であるはずで、これらのことをすべて考えて対応しないと、いけないのではないかと思ってしまう。

今回、電磁波について少し触れたので、関係のあるサイトを探してみた。

よければ参考にしてみては・・・?

電磁波問題市民研究会

http://www.jca.apc.org/tcsse/index-j.html

7時間睡眠???

新聞か何かで7時間睡眠がどうのこうのという記事があったように思い??? となってしまった。

レム睡眠とノンレム睡眠とのリズムの関係で90分周期になるはずという認識があったため、このような場合7時間半となると思っていたからだ。
しかし、たしかこの7時間というものは計測した結果ではなくアンケートかなにかだったように思うので、思い込みや、どこからどこまでを睡眠とするか個人で違う結果になるであろう。

だからこの問題は結局たいしたことではないことになる。

自分自身の体験談を元に少し書きたいと思う。

自分が若い頃スキーに行く為に、夜中に出発ということになった。

その当時、睡眠のリズムのことを知らなかったため、寝られるだけ寝ていようと思い、2時間の睡眠を取ったときがあった。

そのときは目覚めた瞬間、心臓がどきどきして、非常に苦しかった。

しかし、リズムのことを知ってから、2時間なら1時間半にして、調整したら、意外とすんなり起きることが出来た。

やはり、リズムをうまく使うと、起き易い。

もし、このブログを読んでいる方で、朝がとにかく苦手な方は、時間を調整してみるのも一つだろう。