やはり、アルコールは飲むほどに脳が縮小

生涯酒を飲まなかった
過去に飲酒したが今は飲まない
現在適度な飲酒
現在大量に飲酒

の順で、脳容量の減少の割合が少なかったと、神経学の専門誌「Archives of Neurology」に発表されたとのこと。
まあ、当然といえば当然のこと。

しかし、社会が飲酒する場や環境をこれほど提供していては、飲まないというほうが難しい。

生涯にわたって飲まなかった人の大半は、もともと何らかの問題で酒が飲めないのではないだろうか?

病気や体質の問題以外で、自分の意思だけで飲まない人がどれだけいるのだろうかと思ってしまう。

現在のストレス社会では、飲まずに過ごすことは相当難しいことだと思う。

やはりタバコと同じで、社会があり方を考えないと改善できないだろう。

また、脳の萎縮は認知症や介護の問題にも繋がっている。