赤ちゃんの気持ちを理解する

簡単な身ぶり手ぶりで、言葉をうまく話せない赤ちゃんとコミュニケーションを図ることができる「ベビーサイン」が、注目を集めている。

対象は生後6カ月~1歳6カ月の年齢で、何度も同じサインを赤ちゃんに見せて覚えさせるとのこと。

口元に手をあてたりして、「おっぱいがほしい」などの意思表示をできるように、90年ごろから米国で研究が始まった。

親子のきずなが深まり、会話の習得に役立つとされる。

赤ちゃんの気持ちが理解できれば、イライラすることも減るだろうし、赤ちゃんも楽になるから一石二鳥、自分の時にすでにあればと今更ながら思う。