音楽で脳に変化、マウス実験、知能優れる・・・らしい

随分前に、音楽を聞かせて育てると課題を解く力が優れ、脳に変化が起きるというマウス実験を徳島大で行ったとのことだ。

そして、その内容を簡単に言えば、「ピアノ曲を聞いて育ったマウスは、順番を間違えずにゴールする能力が優れていた。」とのことであった。

実際に紹介されている実験内容であるが、「マウスを胎児から成体になるまで飼育。

(1)モーツァルトのピアノ曲を聞かせる
(2)雑音を聞かせる
(3)何も聞かせない

の3グループに分け、ピアノ曲などは起きている12時間、聞かせ続けた。3グループを、決まった順番でゴールの場所が変わる迷路に挑戦させる。(共同通信)」というもので、これ以上の細かな実験内容は徳島大のサイトにも掲載されていないようなので、不明であり、よく分からない。

つまり、この記事のタイトルは本来「・・・らしい」などの記述は無いが、いろいろとネットでこの件について、徳島大のサイトを中心に調べたが、見つからなかった。その為「・・・らしい」と追加させていただいた。

もちろん調べ方が悪いのかもしれないが、ニュースになるようなことならば、もっと簡単に見つかってもいいと思う。

さらに考えれば、この実験結果は当然予測できる範囲であり、本来実験ならばもっと詳しく、色々なケースを考慮して行っていただきたいと思ってしまった。

しかし、記事になったことが全てとは当然考えないが、情報がない以上、この程度の実験と思う方もいることだろう。

是非、詳細が知りたいと思う。もし、ご存じの方がいらしたら、教えていただければと思う。