ADHD発症児の母、喫煙率は一般の2倍とのアンケート結果

ADHDの子どもの場合、母親の喫煙率が同年代の女性の2倍程度高いことがわかったとのこと。

これはもう、個人問題ではなく、社会問題になってきている。

特に喫煙が健康にいいということは、当たり前だが、だれも聞いたことがない。

ただ、落ち着くというひともいる。

しかし、それは、喫煙する必要が無い当時、安易な理由で喫煙し、中毒的になってしまっているので、タバコを吸うことで落ち着くということだと思われる。

少なくとも自動販売機で買えるようにしていることを、すぐにでも止めるというのはどうだろうか?

人類の未来をささえる子供達を守るためにも、喫煙をもう一度見直してみてはいかがだろうか?