ティータイム

ティータイムその15

dokusyo1このごろ思うことがある。スローリーディングという言葉が頭の中に浮かぶ、それはファーストリーディングに反する言葉であり、時代に逆行するようなものだ。

しかし、物事の本質的な善しあしはその時代にはわからず、時を経て後から違った解釈になることもよくあることであり、速読も例外ではないかもしれない・・・

そこで、ある種の速読などは、本の内容の何割かしか重要なことが書かれていないと言っており、その部分を押さえて速読することで、早く1冊の本を読む事ができ、その手法もポイントにもしている。

それはそれで、ある意味本に書かれている重要な事を理解するという事のみポイントにした場合は正しいとも言える。

しかし、セミナーや研修を例に考え直してみると、違う考えもある。

それはセミナーや研修で、何かを学び何かを得るのであるが、単に知識だけなら、先ほどの速読でいうところの一冊の本の重要な分部のみ理解すれば事が 足りるのと、なんら変わらないと思うが、セミナーや研修では、そこに参加した人たちとネットワークを築くことや、その場で聞いた内容を鮮明に記憶すること ができるし、話の内容以外にも収穫となることが多々ある。

本来読書もそうなのではないだろうか?

それは、著者にもよるとは思うし、本の書き方にもよるとは思うが、伝えたい重要な事をわかりやすく伝えるために、色々な手法でアプローチしたりしている。

つまり、あまり重要でない分部は、重要な分部をより理解できるようにするための布石となっていることも多々あると思う。

たとえば、商品の品揃えを考えてもらいたい。なんらかの販売の仕事に携わった方なら、わかると思うが、売れないような色目の商品や売れ筋ではない商品も陳列することと思う。

それは、その脇役があるから、主役が目立つので、結局主役が売れる。もちろん、趣味趣向が異なる方もいるので、その方々にも対応できるとというものだ。

また、音楽もそうだろう。さびの部分だけであれば、すぐに飽きてしまうだろう。

小説だってそうだ、たとえば、推理小説の最後の種明かしの分部だけであれば、その推理小説の核心の分部は理解でき、普通に読んだ人と話をしても、取りあえず対応することは出来るだろが、読んだ満足感はあまりないだろう。

つまり、重要、売れ筋、さび、核心などの中心にあたるものは、脇役であり主役に花をもたせる存在があってこを、十分に主役が主役であり得るわけだ。

そろそろ話しを戻すが、ある種の速読は、そこを飛ばすわけなので、人によっては十分な理解をすることが怪しくなってしまうことも考えられる。

その結果、その読書自体から何かを得て、そこからさらに発展させ新しい何かを生み出すなどという芸当は難しくなってしまうのではないだろうか?

またそれは、単に知識を得るということになるだけではないだろうか?

何だか話が複雑になってきたので、ここで一度整理したい。

つまり、著者の意図したように、ストーリー展開された本(小説の事を言っているのではないビジネス書など)を、ゆっくり(これはファーストリーディングに対するいみでゆっくりと表現しているが普通の読書速度の事を指している)読んでいる最中に、自分の想像力を働かせ、本に書かれている内容を十分に理解し、これは無意識ではあると思うが、さらに自分の持っている何かと組合わせることで、新しい可能性を脳の中に作っていく。

その為にも、スローリーディングの必要性も大きいのではないかと思う。

もちろん、これは全ての速読について否定するものではない。

あくまでもスローにはスローの良さがあるのでは?といいたいだけだ。

とここまで書いて、ふと思い出した。

速読だからこそ理解力が上がる場合があるということだ。

たとえば速読や速度を早くして音声を聞くことで、(速○という言葉は商標の関係で使えないので・・・)普段使われない脳の領域が使われて、その結果、より理解力がますこともあるというものだ。

また、速読手法自体に、いろいろな技術を用いて、総合的に理解力がますような速読手法を取る場合もある。

つまり、ゆっくり楽しむ旅もあれば、急いで目的地にいく旅もあるということだろう。

まあ、どちらにしろ独り言ということでご勘弁いただきたい。

ティータイムその14

listen1このところこのブログをサボり気味だ。

忙しいせいもあるが、何となくいい感じの本に出くわしていないということもある。

その為か、以前購入した本を等を整理していたら、ウオークマンブックなるカセットテープの本を朗読した物が、多量に出てきた。
たしかこのカセットテープは10年程度前の物だと記憶している。

久々に聞いてみると、データは古いものの内容的にはしっかりしているようで、いまでも役に立つようだ。

いくつかピックアップして、いろいろと聞いているところだ。

本は読むのもいいが、聞くのもいい。脳の違う部分を使っている為か、同じ本でも違う捉え方ができるような気がする。

もちろん、読んでから聞くか、聞いてから読むかでも違うとは思う。

そんなこんなで、これから少し聴覚に注目して、いろいろとやってみようと思うようになった。

ティータイムその13

tea13今年ももうすぐ終わり、2006年になる。

今思えば子供のころノストラダムスの大予言を信じていたことを思い出した。

そして、2000年問題・・・

色々と何かがあるのではと思うことが続いていたが、このところ何年かは、特に取り立ててそよのうな形のものは無いようだ・・・・
しかし、鳥インフルエンザの問題や、エイズの治療の問題など、今後おそってくる驚異や未解決問題も多々ある。

小さなお子さんがいるご家庭では、心配ではないだろうか?

特に海外で正月を過ごされる方に、鳥インフルエンザにかからないよう注意が必要とのことが、TVのニュースで流れた。

多分ごく一般的な人は、自分はかからないから大丈夫と思う方が多いのだろう。

自分なら、絶対に今年はいかない。特に危ないとされる地域はなおさらである。

よく車のドライバーで自分は注意しているから、事故にあわないと思っている人が多いような気がする。

そこで、自分が目の前で見たことをお話したい。

雨が降る幅6mほどの道路で、信号が赤になり停止線まで約20mほどあったところにちょうどコンビニが左手にあった。先頭車がコンビニに入ろうとしたが、2番目の車は、信号までいって止まると思ってよそ見でもしていたのであろう。

その1番目が入ろうとしたそのとき、2番目の車は急に気がついてハンドルを右に切って対向ラインへハンドルをきったものの、1番目の車の右後部にぶつかり、対向ラインに飛び出し対向車と正面衝突してしまった。

ちなみに3番目の車に私がいたが、距離が多少あったので無事であった。

これは信号で止まるまで1番目の車がゆっくり進むと2番目が勝手に思いこんでいたのと、小雨が降っていたので、視界が悪かったのと、信号が変わったことで、ゆっくり走行していた1番目が、コンビニに急遽入ろうと思いついて、急にハンドルを切った事が重なったと思われる。

これでついていなかったのは対向車で、1番目の車は大きいワゴンのため、その対向車からは、後ろの状況が全くみえなかったと思う。

つまりその車の脇を通り過ぎようとしたとき、突然目の前に2番目の車が表れたということだ。

もし、この対向車にのっていたら、多分だれが運転してもひどい事故になったことだろう。

つまり、自分は運転が上手くて注意しているから平気、なんてことは絶対にないということだ。

それと同じで、今回の海外への渡航について、「自分は鳥インフルエンザにかからない」なんてことは絶対に言い切れないと思うが、心配しすぎだろうか・・・

ティータイムその12

この頃、ショッピングモールなどでやたら目に付く、人間の檻?のような喫煙室・・・
周りから見るとなんとも言えない光景である。

いままで、喫煙スペースは通常エスカレーター脇、トイレ前、入り口付近など、すぐにそこが喫煙スペースとわかるような所に設置していたと思う。

しかし、裏を返すとそのような場所は人が集まるところで、本来たばこが嫌いな人にとっては、いい迷惑だったかもしれない。

そこを通らないとトイレにいけなかったり、エスカレーターに乗れなかったり、お店に入れないからである。

まだまだ、そのような所は多いとは思うが、一部の店舗で冒頭にあるような密閉の喫煙室を作ってくれた。

これなら、喫煙者も周りを気にせず喫煙できるし、たばこが嫌いなひとは煙を無理やり吸わされることもなくなる。

本来分煙といっても、完全に分煙されているわけではなく、喫煙者がそばにいないというだけのところが、まだまだある。

中には、こちらが食事をしている禁煙テーブルの1メートル程度の通路を隔てただけの所で喫煙しているようなレストランもあったりする。

喫煙者の論理で考えられているのはすぐにわかる。

でも、面白いのは喫煙者に聞くと、食べている隣で喫煙されるのはイヤだそうだ。(自分が喫煙しないので、喫煙者の気持ちが分からないため、何人かの隣人の喫煙者に聞いてみた)

もちろん、たまたま数人が言っているだけかも知れないが、面白いと思った。

結局、自分以外の人が喫煙するのは、あまりいい気分ではないということなのか・・・

ティータイムその11

tea11ふと気になることができた。

最近では読み・書き・計算と聞くと頭をよくする為の訓練と思ってしまうが、こんな考えはどうだろう?

古いパソコンを考えてもらうと、読みはパソコンの場合、文字の表示ということになると思う・・・
読みは人に読んで聞かせるという機能もあるから、人に文字を見せる機能が該当すると思う。

書きは何をもって書いた事にするかだが、まあここは言語を何らかの形で処理するという事にして(当然違う意見もあろうとは思うが、いいたい事とは直接関係がないので、ご勘弁いただきたい)当初から、BASICなどの言語も扱えたし、何らかの形でもっていたと思われる。

計算、これは当然得意なのは誰でもわかることだ。

そして、昔のパソコンは画像の処理が苦手であった。それは画像を処理するには大量のメモリーが必要だからで、現在はRMAの価格も10年前から考えると、想像もつかないほど下がっているので、標準で256MB(この記事をみなおしている2013年現在は1GB、2GBはもはや少ない)もついている。MS-DOSの時代は1桁だったからな・・・・(そんなことはどうでもいい、それに実際にはCPU他の問題もあるが、メモリーが少ないのが一番の問題であった。)

そこで、現在のマシンは画像処理が得意な領域の一つになってきたというより、映像・画像マシンとなった。

だが、まだwindows3.1や95、98の時代にはよくフリーズしたものだ。メモリが少ないので、いくつも同時に作業してしまったり、大きな画像を開いてしまうと、固まってしまうわけだ。

さあ、ここからが、本題になるが、HFPDDの人たちについてのことになる。彼らはイメージによる認知が得意な場合が多い、そしてパニックに度々なってしまう場合もある。また、極端に数学が得意な子や、記憶力がとんでもなくすごい子も中には存在する。

なんか少し前のパソコンに似ている気がするがいかがだろう。

ちょうど前述のwindows95、98位がとても近い気がする。(95あたりのメモリーは標準で16Mbだっかかな・・・98でも初期のころは32Mbだったと思うが・・・)

ある程度画像などの処理ができ、計算能力も高いが、たまにフリーズする。(今思うと懐かしいが、windows3.1の処理速度が遅いので、windowsマシンに作業をさせて、自分は別のマシンでMS-DOSベースの一太郎を使い文書を書いていたのを思い出す。つまり、文字中心の処理だけなら、断然MS-DOSベースのものが早かった)

そう考えてみると、以下のような考えもありかなと思えてしまう。

一般の人はパソコンでいうRAMを読み・書き・計算につかい、文字的情報を中心に処理をおこなっているので、あまり容量を必要としない。よって余った分はコミュニケーションに使える。

しかし、HFPDDの子達はイメージ情報を処理の中心にしている子ども達が多いため(もちろん全員がそうだといっているわけではないので、ご理解いただきたい)、RAMにあたる部分を多く使ってしまい。コミュニケーションに使える割合が少なくなってしまう。その結果、コミュニケーション障害が起こる。

つまり、パソコンでいうRAMが大きくなれば、イメージ中心で処理しても対応できるだろうが、そうでないとパニックになってしまう。パソコンでいえばフリーズだ。

具体的には文字中心で思考するのが普通の人とした場合、イメージ中心で思考するとは映像を編集するような形で思考するので、容量を多く使ってしまう。たとえばドラマで記憶を回想するシーンがあると思うが、全て映像で回想するのと、文字情報と何枚かの画像のスライドで回想するのでは、明らかに容量は異なる。

最近のパソコンしか知らない方はよくわからないかもしれないので、何となく雰囲気を理解してもらうには、ネットでの映像配信を見れば変わるかもしれない。(ただし光ファイバー回線では、現象はみれないと思う)たとえば、自分の家のADSLの帯域が細い場合、(速度が遅いと思うと理解しやすい)現状 1.0Mとして、2.0M配信の映像をみるとしよう。その場合、コマ送りのような状態になってしまうだろう。

逆に0.5M配信の場合は、スムーズに見ることができる。つまり、2.0Mの方は情報量が多くて処理できないわけだ。ぎこちない動きでまるでパニックになっているようだ。その反対で少ない情報量だと、きちんと処理できて、なんの問題も起きない。ちょうどこんな感じかと思う。

話を人間に戻すが、容量が限られていないのなら、なにもスライドと文字でなくても、映像にしてしまってもいいだろうが、問題は限られた容量の配分が悪いからいろいろな不都合がおこっているのではないだろうか?

そうすると対策としては、当然映像で思考や回想しないということになるが、これは元々出来ないから問題がある。ただ、出来れば映像の方が効率はわるいかもしれないが、完全に記録できるという利点もある。(もちろんどっちが優れているという事ではなく、ケースバイケースであると思う。)

では、RAMに当たる部分の容量を増やすということが出来るかだが、そもそもRAMに当たる部分とは・・・・名前が似ているワーキングメモリーといわれる部分のことだろう?それともイメージや映像に関することなので、別の領域か?

これがわかれば、全く苦労はないので、どなたかこれを読んで、何か気がついたり、ご意見があれば、教えていただけると大変ありがたいと思うが・・・・もちろんご教授いただければ一番ありがたい・・・

もちろんわかったところで、現時点ではどうすることも出来ないが、わからないよりはるかにましだ。