ティータイムその14

listen1このところこのブログをサボり気味だ。

忙しいせいもあるが、何となくいい感じの本に出くわしていないということもある。

その為か、以前購入した本を等を整理していたら、ウオークマンブックなるカセットテープの本を朗読した物が、多量に出てきた。
たしかこのカセットテープは10年程度前の物だと記憶している。

久々に聞いてみると、データは古いものの内容的にはしっかりしているようで、いまでも役に立つようだ。

いくつかピックアップして、いろいろと聞いているところだ。

本は読むのもいいが、聞くのもいい。脳の違う部分を使っている為か、同じ本でも違う捉え方ができるような気がする。

もちろん、読んでから聞くか、聞いてから読むかでも違うとは思う。

そんなこんなで、これから少し聴覚に注目して、いろいろとやってみようと思うようになった。