ティータイムその6

tea6久々このメモを書いている。さらにティータイムはもっと久々ということになる。

なにを書こうかと迷ったが、今回は算数や数学について少し書いてみたい。

実はこの間から、小学校の算数と中学数学の本を買ってきて、一からやり直してみた。意外に驚いたことにあまり内容がないというか、同じことの延長線・・・応用という感じであったことだ。昔はなんだか色々と覚えたり新しいことをやってきた気がしていたが、数学系は覚えるのとは違う(もちろん最低限覚えることはある)為、気がつけばそんなにたくさんのことをやってきたのではない、ということを改めて発見したことだ。ということは教え方や勉強方法によっては、何も小中9年であんな少ししか勉強しなかったなんてことにならないよう、いろいろとやれるのではないかという気がしてきた。中学でやる図形の証明だって、小学生時代にもっと面白くゲーム的にどんどんやらせてもいいのではないかという気さえする。もちろん勉強としてではなく遊びで・・・・

そろそろ時間が来たので、また次のティータイムで・・・・