増えるADD(注意力欠陥障害)

引き続き「脳トレ―最先端の脳科学研究に基づく28のトレーニング」を読んで気になった事を書いていきたい。「近年、注意力欠陥障害(ADD)にかかる人が増加しています。この増加は『精神障害の診断と統計マニュアル』という本に掲載されている調査内容からも明らかです。また、この調査によると、ADDを患う人々には以下のような特徴があるそうです。

注意力を維持できない
話しかけたときに聞いていないように見えるときが多い
精神的に努力を必要とする問題に取り組むことを避ける
外からの刺激に注意が移りやすい
問題や行動をまとめにくい
細かな部分に意識を向けにくい

-中略-、実際にADD患者が爆発的に増加していると確信しています。その要因は、科学技術の進歩によってもたらされたテレビとコンピュータという2つの産物が、脳に悪影響を与えた結果だと思っています。」と記載されていた。

このADDについての内容はメモ一回分ではとても書ききれない為、数回に渡って記載していきたいと考えている。よって、これで結論ということではないので、ご理解いただきたい。あくまでも気になった部分のメモであるということと、ソフト作成に際して参考にしたい部分を抜粋している事を念頭に置いて読んでいただきたく思う。

たしかに上記にある5つの特徴が当てはまる子供や、もちろん大人も相当いるのではないかと感じてしまう。この文章を書いている自分ですらいくつも当てはまる気がする。仕事でパソコンを使う人が急増し、いまや新聞もパソコンで見るほうが手っ取り早いし、余計な新聞紙が出て処分に困ることもない。ますます拍車がかかりそうだ・・・と思っているのは自分だけではないはずだ。

今現在のとりあえずの結論として、今後パソコンを使わないこともテレビを見ないこと も考えれらないことであろう、つまりいかにバランス取って両者をうまく使うか(使われるのではなく)ということではないかと思う。