天才の秘密とは?

「天才的と思える能力は、一般的に、潜在的な手続き記憶が基盤になっています。手続き記憶が天才を作るわけです。いま皆さんがAという事象を覚えたとします。このとき同時に、Aという事象の理解の仕方も、気づかないうちに手続き記憶によって脳に保存されます。したがって、つぎにBという事象を覚えようとしたとき、Aの手続き記憶が、無意識にBの理解を助けて、容易にBを記憶できるようになります。・・・中略・・・つまり、AとBのふたつの事象を覚えると、A、B、AからみたB、BからみたAというように事象と事象の連合が生まれ、記憶した内容に、四つ(二の二乗)の効果が生まれるわけです。このように、記憶力の相乗作用には、一般的に累積(べき乗)の効果があります。」ということだそうだ。

また、勉強の目標成果を1000とした場合、自分の成績が今1とすると、勉強してランクが上がると2になり、さらに頑張ると4になる。もうひと頑張りすると、8になり、それを続けると16、32、64となるそうだ。通常はこの段階で64と1000にはとてつもない差があるので、やめたとなってしまうのが常らしい。そして、天才(1000)は違うと思うのであろう。しかし、それでも頑張ると128、256、512となり次は1000を超える。そして目標達成となるとのことであった。

たしかに、その通りかもしれない、もともとあるコンピューター言語で、壁にぶつかっていた所、別の言語でソフトを作っていたら、急にいままで???のとこ ろがわかったりすることが、たまにあった。確かに事象の連合が生まれているようだ。よく多言語を一緒に勉強するといいということを聞くケースもあるが、コ ンピュータ言語についてはその通りだった。

そして、天才的な話ではないが、自分の学生時代は理系の学科で努力した為か、割といい点が取れたように思う。しか し、文系の国語や古典、日本史、世界史は落第点ぎりぎり、しかもテストの為の勉強時間は理系のものを1としたら1.5位勉強したにもかかわらず・・・とい うことだった。きっと理系はべき乗の効果が出ていたが、文系はべき乗の効果が見えるまで、努力が足りなかったのだろう・・・。というより好き嫌いの問題 か?