手の運動と脳の関係

右手を使うと左脳が働き、左手を使うと右脳が働く???と思っていたのは少し違っていた。右利きの場合、右手は正しいけれど、左手を使うと右脳と左脳連帯して、対応している。ということであった。

それと、指先の細かい運動で頭がよくなると、よく言われていたが、実際には頭のよさと関係が深い前頭前野は働いていないということがわかり、指先の細かな運動は頭の良さには直接的に関係がなかった。

右利きの場合、一般的に苦手な左手を使うことで、右脳だけが働くのではなく、左脳がサポートしているという面白い結果であった。