目指すのは天才?それとも凡人?

今回は「天才はなぜ生まれるのか」正高信男著 ちくま新書 を読んで気になったことをメモしていきたい。

「障害というのは必ずしも能力が劣ることだけを意味するわけではない。機能が不全の箇所が生ずると、それを代償して機能の亢進も起こる。障害を持っ たゆえに、障害を持たない場合には生じえなかった能力が開花することを、無視してはならないだろう。それは、個性にほかならない。
ただ単に劣っている面を穴埋めして、健常な状態に近づけることは、往々にして、その個性の芽をつむことにつながってしまう。そうではなくて、学習障害を持ったがために真にユニークな存在に障害者をするための支援というものを、私たちは考えなくてはならないのだ。」と書かれていた。

一般的に親の立場からだと、このような考え方になるのは難しいかもしれない。それは、日本人の社会性にあると思う。元来日本という国は個性を尊重す るより、”皆と同じ”ということにポイントを置いているからだと思う。さすがに最近は変わってきたが、親の世代からみると、まだまだそのような考え方も存在するであろう。

その為、他人より劣る部分に注目してしまい、勝る部分はどうせ勝っているんだから、勝手にのびていくと思って、劣る部分を日々トレーニングという形にもっていってしまう。

その結果、本来勝手にのびていくと思っている部分が停滞し、劣っている部分はもともと劣っているので、相当な努力が必要なうえ、日々”出来ない”という気持ちにさらされ、成功体験も少なく劣等感のみ強化されていってしまう。

これでは、何年もかけて、やっと人並みになったとしても、本当によかったのかどうか、わからないということになるのではないだろうか?

もし、ここで、全然違う方法で、まず、得意な勝っている所をどんどん伸ばしてやり、劣っているところは手つかずとはいかないので、何もしないで、忘れてしまうことが無い程度に努力してもらう。

その結果、やる気も起き、得意なところが、どんどん伸び、成功体験を多く積むことだろう。

そして、劣っているところもある意味プラス思考的にチャレンジする事ができ、何年か過ぎて振り返ってみてみると全体的に伸びているという事になるのではないだろうか?

また、そのように言われるケースもある。

まさにこの冒頭の「天才はなぜうまれるか」に書かれていたように・・・

子どもでも大人でも自信を持って取り組めるのと、自信がなくびくびくして、取り組むのでは全く違う結果になることが多いだろう。

だから、劣っているところを持ち上げれば、普通になるんだからとよく子どもを頑張らせているお母さんがいるが、この辺の所をよく考えてみてもいいのではないかと思う。

もちろん、その考えが間違っていると言っているわけではない。

違う考えもあるということを知ってもらい、自分の子どもにはどちらがあっているのかを、考えてもらいたいだけだ。(特に凸凹している特性の差が大きければなおさらだ。凹だけなら、当然そこだけを強化という考えもあるとは思うが、本当に凹だけならばの話である。)

しかし、そのようなお母さんは、これ以外にないと思いこんでいるので、他人の意見は聞く耳を持たない事が多い。

だから、自分で気がつくまで待つしか無いとは思うが、子どもの時間は取り戻せないので、あとで考えて、しまったとならにようにと願うばかりだ。