絶対音感は左脳優位?

今回からは「絶対音感」 最相葉月 著 小学館文庫 を読んで気になったことをメモしていきたい。

「1,995年二月、アメリカの科学誌『サイエンス』に興味深いリポートが掲載された。それは、絶対音感を持つ人の脳の解剖学的形態を探るという内容で、研究を行ったのは、ドイツ・デュッセルドルフのハインリヒ・ハイネ大学神経科医グループである。30人のプロの音楽家の脳をPET(陽電子放射断層撮影装置)で撮影した結果、絶対音感を持つ十一人の音楽家の左半球の大脳皮質聴覚野が右半球の同じ場所に比べて、平均40%も大きかったというのである。この報告は、同年二月十日付の朝日新聞夕刊や自然科学系の一般雑誌にも掲載された。
<中略>
音楽を左脳で聞く人(この表現が的確かどうかはわからないが)というのはどういう人たちなのか、そして、左半球優位ということは、絶対音感が、言語となんらかの関係があるのではないかという二つの疑問を持った。事実、音楽がドレミという言葉で聞えると証言する音楽家もいることから推測すれば、その可能性はますます現実味を帯びて響いてくる。
<中略>
カナダのモントリオール神経医学研究所のロバート・ザトールは、音楽家が自分の知っている曲を聴いた場合は左半球、知らない曲の場合は右半球が活性化していることを発表した。そのうえ、今回の『サイエンス』誌の記事では、絶対音感のある人は左半球優位とされたのである。」と書かれていた。

なんだか、思っていたことと逆のことになっているような気がした。
ここから考えられることは、音楽的に進んでいる?家庭の子どもがピアノなどの楽器を習う場合、たとえば[ド・レ・ミ]のポジションの鍵盤を弾いて[ド・レ・ミ]と発声しながら学ぶケースが多いのではないかと思う。その為、音名と音を結びつけて覚えているので、このようになるのではないのだろうか?

そこで、あるケースが考えられる。キーボードなので鍵盤をひいたときに出る音とだけ認識をしている場合、つまり正式に習わず、キーボードなどで遊んでいるだけの場合についても同じであろうか?

これは実際のケースであるが、2歳ぐらいからキーボードで遊びだして、実際にピアノを習ったのが6歳になってからという子がいる。この子の場合、絶対音感はあるが、後から[ド・レ・ミ・・・]と教わったので、特に[ド#]などの音をひいて、これなんの音?と聞くと、どのように説明していいのかわからず[ド]と[レ]の間の黒い鍵盤と教えてくれる。つまり[ド#]という名称ではなくポジションで覚えているのである。

結果的にこの本でも記載されているが、「絶対音感がある人はラララで歌が歌えないという悲劇を聞いたことがあります。」ということであるが、この子については全くそのような事が無いようだ。
もちろん全て絶対音感のある人がすべてラララで歌えないわけではないので、その辺もここでお断りしておく必要があるかもしれない。

話は戻るが、もともと音名で覚えていないのだから、このサイエンスの記事とは異なり左半球優位ということばかりではないのではないだろうか?(実際には測定機器を利用して調べているわけではないので、完全に否定できるものではない)

しかしながら、知っている音=左脳、わからない知らない音=右脳だとしたら、(上記サイエンス誌では「音楽家が自分の知っている曲を聴いた場合は左 半球、知らない曲の場合は右半球が活性化していることを発表した。」とある)サイエンス誌の書かれていると通りであるが、曲と音ではまた異なる場合もあるだろう。

文字の場合のデーターはあるが、この場合なにぶん文字なのでイコールではないので、そのつもりで参考にしてもらいたい。たとえば漢字1文字を回転して見せると、まず何の文字か認識しずらい、そのため一般的には左視野優位(右脳)とされているが、そうではないという実験結果もある。あくまでも視野差による実験のため、また1980年前後の実験結果のため、そして現在の最新機器を利用してのことでは無いため、はっきりしない点も多いと思われる。

なんだかとりとめのなり状態になってしまった。

この辺の資料がないのでなんともいえない問題ではあるが・・・今後も資料を探すことにしよう。