サヴァン症候群

自閉症と天才と普通の人

今回も前回と同様に「痛快!頭を良くする脳科学」 澤口俊之著 集英社インターナショナル を読んで記載してみたい。
「サヴァン症候群の患者さんは、『自閉症』を併発しているケースが圧倒的に多いとされています。-中略ーその患者さんの脳をしらべると、前頭連合野の活動が極端に少なくなっていることがわかっています。しかし、なかなか有効な治療法がないため、成人後まで尾を引くケースが多いのです。こうした自閉症児のなかに、サヴァン症状を見せる人がいるのです。-中略-自閉症であったナディアは5歳のころ、精神年齢が3歳と診断されます。5歳でIQは50ほどだったという。ところが、彼女に絵を描かせてみると、これが芸大の実技試験でも簡単にパスするほどの腕前。-中略-さて、自閉症児にもかかわらず、ある特定の分野で天才を示す—-そこまではいいとして、ナディアの画才を認めた周囲の人々は、たぶん親心もあって、一般社会でも通用する人間に育てようと、美術以外の分野の教育を受けさせたのです。やがて、前頭連合野の成長がひとまず成人レベルに達する12歳ごろ、ナディアは一見ふつうの生徒と変わらない少女に成長します。しかしながら、豊かな画才はあとかたもなく雲散霧消してしまったのです。-中略-美大の優秀な学生に知能テストをしてみたら、ほとんどの学生で言語能力の成績が極端に低かったのです。」

この話は、非常に興味深いものだと思う、脳には活動依存的変化といことが起き、強いところが弱いところを押さえ込み、より強くなっていくものであり(簡単に言えば弱い部分を強いところが侵略していくようなもの・・・まるで人類そのものでは?)、もしナディアの芸術的才能を強化すればそのままその才能は残ったであろうが、他に向けた為、天才的才能は消えてしまった。これはスポーツで考えると良くわかるであろう。サッカーでFW・MD・DFがいる。簡単に言えば攻撃の立場が強い選手と守備の立場が強い選手がいて、その比率をどうするかで攻撃型か守備型かということになると思ってもらうとわかりやすい。点がとりたいので攻撃型の選手を入れる。ところが11人しか使えないので、守備の選手を一人減らす。そうすると攻撃の立場が+1人で守備が-1人となる。これと同じように思ってももらうと脳の活動依存的変化について、理解がしやすいと思う。しかし、脳は監督がいてジャッジできるわけではないので、困ってしまうわけだ・・・

皆さんも良く知っているエジソンなんかも学校で勉強ができなかったが、発明という分野でとんでもない才能をあらわしている。そのようなことから天才と変人の差はと考えてみると、一般的に難しいと思われる、芸術・学問・スポーツの分野で特別な才能を示す人は天才とよばれるが、それ以外の分野に精通してる場合、変人といわれるような気がする。単に、分野が違うこともあるのではないかと思う。もちろん、天才がおかしいといういみではないし、すべてなんでもできる超天才的人もいるかもしれない。

別の言い方をすると一般的ということは、すべて平均的ということであり、天才や変人はある分野で特別の能力を示すもので、他の分野ではあまり目立っていないか、平均より劣っている場合も多いと思われる。

たとえば特別な才能がなくても、ソーシャルスキルが普通レベル以上であると、それは普通の人に見えるのだろう。というより、それが普通の人なのだろう。そう考えるとどちらがいいのかと思ってしまう。天才的才能を持って、普通の世界で生きづらいほうがいいのか、特別な才能が無くても、普通に生きていけることがいいのか・・・?

選べるとしたらあなたはどちらを選択します?私はできれば前者を選びたい・・・。