ロボット

ロボットの意識?

ソニーが主催する“インテリジェンス・ダイナミクス”のシンポジウムに関連するはなしであるが、「AIBO」や「QRIO」の開発にも携わった下村秀樹氏はある疑問を感じたという。

「AIBOもQRIOも、最先端の技術を惜しげもなく投入したロボットだ。

しかし、プログラミングの作業を終えたとき、このロボットは、これ以上発達しないんだと気が付いた。」とのことだ。

そしてまた、以下のように話している。

「ロボットやエージェントは、自律的な行動を通して、自分が持つセンサーやモーターに根ざした機能を発達させる能力をまず身につけるべきだ。」

結局、当たり前のことに行き着いているのではないだろうか?

それは、生物を考えた場合、まず反射で動いている事があげられる。

自分の持つある種のセンサーから受ける情報に反応して動いているわけだ。

下等な生物の場合、反射のみということもあるだろう。

それに反して、人間は色々と思考錯誤をしている。

しかし、人間に至っても、赤ちゃんは反射から始まる。

もちろん本能という最初からプログラムされている物もあるが、生まれてすぐに思考錯誤できるような赤ん坊は見たことがない。

しかし、気がつけば物まねをして、いつの間にか考えて行動するようになっている。

人間ですらそうなのに、ロボットに意識を持たせようとしたり、人工知能の事を考えると、一足飛びに思考錯誤できるような物を考えていたような気がする。

もちろん、すべての研究者がそうなのではないだろうが、たぶん皆さんもそのような気になっていたのではないだろうか・・・

だから、センサーから得た情報と自分の駆動モーターとの兼ね合いで、バランスを取りながら自発的に動くことから、少しずつ発達させていくのが、もっとも本来の人間の脳に近くなっていくのではないだろうか?

どうしてもパソコンの事を考えると、はじめから非常に優秀な人工知能ができそうなきがしてしまうのだが、生まれたときから、それだけ出来る人間もいないことからも、同じ様な知能をもたせたいなら、当然同じ様な発達過程が必要なのでは・・・少なくても最初のモデルを作るまでは、その方がいいような気がする。

雑音があっても命令を認識するロボット

聞き分け、聴覚の収束ができるロボットが出来たというニュースが流れた。

ある意味、へえ~、人間みたい。

と思うが、どっちがいいのか?

人間的な機能を追求するのと、聖徳太子じゃないけど、何人もの話をいっぺんにきけるのと・・・

もちろんいっぺんに聞けても、処理できなければ意味がないけど・・・

ということで、常々考えてはいるが、ロボットを人間に近づけようとしているが、見た目はいいとしても、脳の機能も似せるのは本当にいいことなのかと思ってしまうときがある。

そんなことをいうと、「馬鹿言うなよ、人間の脳は最高なんだから、似せるのは当たりまえだ。」というような声も聞こえてきそうだが、本当だろうか・・・・

たとえば、物忘れや、考え違い、乏しい記憶力のどこがいいのだろうか・・・

しかし、コミュニケーションに至っては、最高だろう。

逆に言えば、人間は会話を中心としたコミュニケーションに脳力のほとんどを費やして、それ以外のコンピューターが得意な計算や記憶する部分は曖昧で貧弱ということではないだろうか?

もし、自分でロボットを自由に作れるなら、人間に似せては作るが、コミュニケーションというより、もっと別の能力を与えたい。

たとえば、人間からみると第六感的な今後起こることを予測する機能、それにより人間を守るとか・・・(ここでいう第六感的といっているのは、人間ではそのように感じても、視野が広く、遠くまで見て分析できれば、別に超能力的ではない。通常の機能の延長だ。)

たとえば、ロボット警官がいて、交差点で運転が怪しい車をマークしてそのデーターを他のロボット警官に送信して、危険な車としてマークする。

そうすれば、いざ事故になりそうな直前に逮捕とか・・・なんかすこし映画の「マイノリティリポート」的になってしまった。

それに、突飛な考えであるが、もし人間がテレパシーなどの超能力と言われるものが、使えていたら、これほどコミュニケーション力は発達しなかっただろう。

その力がないから、会話中心のコミュニケーションという力でカバーして、世の中を上手く渡り歩いているわけだ。

でも、そろそろ会話という形態にも飽きてきたようなきがするが、どうだろう?

とにかく会話のスピードときたら、ダイアルアップでインターネットにつないでいるような気分になってしまう。

たとえば、ある映画のワンシーンを会話で、つまり言葉で説明するのに要する時間が仮に3分としよう。

でも映像を見せたらほんの一瞬で済むかもしれない。もちろんいろいろと状況を取り方によって意味が変わるような場合は、言葉による説明も必要かもしれない。

しかし、映像が写せる端末・・・たとえば携帯電話もそのような機能を持ち始めているし、そのような端末を見せることで、意志の疎通を一瞬ではかる。

もちろん、これがいいとは言っていない(端末がないと会話ができないということになる)が、そのような事も現に始まっている。

情報端末による名刺情報交換なども、その一例だ。

それに、脳に直接チップを入れ込んで、PCを操作することが、もうすぐ可能になるだろう。現に今現在テストしていることだし・・・

また、音声による操作は、一般的ではないが、今現在も可能な状況だ。

そうすれば、LANで人と人が意志を伝え合う事が出来るようになってくるかもしれない。

自分としては脳にチップを入れ込むことは勘弁してほしいと思うが・・・・(マトリックスを連想してしまった。)

つまり、ロボットは人間に向かい、人間はロボットに向かっている気がするのは私だけだろうか?