英語

アメリカにおける幼児英語教育事情

http://www.jape.or.jp/club/america/america.htm

ニューヨークにて1990年度より日本人子弟のため英語教育を始め、1996年からは、日米バイリンガル幼稚園として本格的に幼児向け英語カリキュラムを実践してきたグリニッジ国際学園 園長 山本薫氏が話されている。

英語を早くから教える事について、考えさせられる内容です。

しかし、決して否定しているのではありません。

個人的に100%同意してはおりませんが、お読みいただければお役に立つとは思います。

良い教材?悪い教材?幼児英語教材セットの見極め方

http://allabout.co.jp/gm/gc/189398/

買う前に読まなくてはダメですね。

このページでは裏話として、英語教材セットが30万円だとすると、直接セールスをした人に入る金額は約3分の1~半分近くがその人の儲けになると聞いたことがあると書かれていました。

確かに訪問販売では、英語教材に限らず、浄水器などでもそのような事を聞いた事があります。

良い教材は訪問販売で売らなくても口コミやネット販売でも売れていきます。売れない場合は営業力にモノを言わせるということでしょう。

もちろん、良い教材でもマーケティングの失敗で売れないことはありえます。ですから、よく考えて、自分で判断する必要があります。