衝動性

ADHDと学校について

「ADHD、LD、HFPDD、軽度MR児保健指導マニュアル―ちょっと気になる子どもたちへの贈りもの 編者小枝達也」を読んで、いまさらではあるが、自閉症やアスペルガー症候群についてに関連する情報メモを記載していることもあるので、その辺の違いがよくわからないといけないと思い ADHD,LD,HFPDD,軽度MR児などについて確認をしておきたい。以下点線(--)間引用

----------------------ここから
ADHDとは?
ADHDは子どもの行動上の問題点から規定された障害です。多くの子どもは1歳ころに歩けるようになると、非常に活発となり、さまざまな経験のなかから自分をコントロールすることを学んでいき、場面に合った行動がとれるようになります。しかしながら、なかにはコントロールがきかず動きが多い、注意が散漫で、突発的な行動を示す子どもがいます。このようななかに、ADHDの子どもがいます。<省略>

頻度はどのくらい?
ADHDの頻度は2~17%とばらつきがありますが、小学生でおよそ3~5%と思われます。圧倒的に男児に多く、女児の3~5倍です。<省略>

症状は?
不注意、多動性、衝動性の症状があります。診断はDSM-IVの診断基準に則ってなされます。ADHDには3つのタイプがあります(1.不注意優勢型、2.多動性/衝動性優勢型、3.混合型)。混合型が最も多く60%以上であり、ついで不注意優勢型であり、多動性/衝動性優勢型は少数といわれています。<以下省略>
----------------------ここまで

ADHDについて、どうのこうのということはできないが、ひとつだけ注意した方がいいかと思うことがある。それは小さいときから注意ばかりされ、しかられ、怒られて育ってきているので、セルフイメージが非常に低くなりがちであるということである。

たとえば、落ち着きがないから勉強が出来なかったケースもあるだろうし、つまらない興味のない事ばかりやらされていたから、余計にふらふらしてしまったということもあるだろう。特性や興味を早く見極めて、成功体験を数多く経験させてあげたいものだ・・・今後の人生を歩んでいく上においても、自信を持って生きていってもらいたいので、家族ははやく、そのことに気がついて対応をとってもらいたと思う。

それにじっとしていられないという事を取り上げて言うなら、もともと小学生1年生ぐらいで45分程度の授業時間の場合、きちっとしていられる方がおかしいのではないだろうか?

まえにも、書いているし、自分自身の子ども時代から思っていることだが、子どもを集中させたいのなら、15分とか20分とか、小刻みな時間割にして、やるときはやる、遊ぶときは遊ぶというメリハリをもっとつけるべきではないだろうか?

そうしないと、まず授業時間が長すぎて、飽きてしまいその結果、勉強は苦手だ、つまらないというパターンになる子が、ADHDとは関係なくいるはずだ。子どもの為に教えているのに、教える側の論理で考えるのは止めて、最も効果的に覚え、興味を持って取り組めるには、どれぐらいの時間が適切かと言う論理で考えていただきたい。

特に、問題が出やすい小学1~2年についてはそうしてもいいのではないだろうか?

そうすることが、ある意味、特別支援教育にもプラスになるのではないだろうか?

考えてみても当たり前だADHDの子どもに45分もじっと座っていろというのは、無謀もいいところだ。そして、もしだらだらとした授業をしていれば大人だって、ふらふらしたくなる。そんな状況で、特別支援教育といっても・・・、まず、すぐにできることから見直していただきたいといつも思うのだ が・・・逆にこれは最も難しいことなのかもしれない。

最後に、落ち着きがないのは本人の努力が足りないからではない。特性がそうさせるわけだが、前述したように、今の学校教育にも、まだまだ身近なところで改善の余地があるのではないだろうか?