LD

ADHDと学校について

「ADHD、LD、HFPDD、軽度MR児保健指導マニュアル―ちょっと気になる子どもたちへの贈りもの 編者小枝達也」を読んで、いまさらではあるが、自閉症やアスペルガー症候群についてに関連する情報メモを記載していることもあるので、その辺の違いがよくわからないといけないと思い ADHD,LD,HFPDD,軽度MR児などについて確認をしておきたい。以下点線(--)間引用

----------------------ここから
ADHDとは?
ADHDは子どもの行動上の問題点から規定された障害です。多くの子どもは1歳ころに歩けるようになると、非常に活発となり、さまざまな経験のなかから自分をコントロールすることを学んでいき、場面に合った行動がとれるようになります。しかしながら、なかにはコントロールがきかず動きが多い、注意が散漫で、突発的な行動を示す子どもがいます。このようななかに、ADHDの子どもがいます。<省略>

頻度はどのくらい?
ADHDの頻度は2~17%とばらつきがありますが、小学生でおよそ3~5%と思われます。圧倒的に男児に多く、女児の3~5倍です。<省略>

症状は?
不注意、多動性、衝動性の症状があります。診断はDSM-IVの診断基準に則ってなされます。ADHDには3つのタイプがあります(1.不注意優勢型、2.多動性/衝動性優勢型、3.混合型)。混合型が最も多く60%以上であり、ついで不注意優勢型であり、多動性/衝動性優勢型は少数といわれています。<以下省略>
----------------------ここまで

ADHDについて、どうのこうのということはできないが、ひとつだけ注意した方がいいかと思うことがある。それは小さいときから注意ばかりされ、しかられ、怒られて育ってきているので、セルフイメージが非常に低くなりがちであるということである。

たとえば、落ち着きがないから勉強が出来なかったケースもあるだろうし、つまらない興味のない事ばかりやらされていたから、余計にふらふらしてしまったということもあるだろう。特性や興味を早く見極めて、成功体験を数多く経験させてあげたいものだ・・・今後の人生を歩んでいく上においても、自信を持って生きていってもらいたいので、家族ははやく、そのことに気がついて対応をとってもらいたと思う。

それにじっとしていられないという事を取り上げて言うなら、もともと小学生1年生ぐらいで45分程度の授業時間の場合、きちっとしていられる方がおかしいのではないだろうか?

まえにも、書いているし、自分自身の子ども時代から思っていることだが、子どもを集中させたいのなら、15分とか20分とか、小刻みな時間割にして、やるときはやる、遊ぶときは遊ぶというメリハリをもっとつけるべきではないだろうか?

そうしないと、まず授業時間が長すぎて、飽きてしまいその結果、勉強は苦手だ、つまらないというパターンになる子が、ADHDとは関係なくいるはずだ。子どもの為に教えているのに、教える側の論理で考えるのは止めて、最も効果的に覚え、興味を持って取り組めるには、どれぐらいの時間が適切かと言う論理で考えていただきたい。

特に、問題が出やすい小学1~2年についてはそうしてもいいのではないだろうか?

そうすることが、ある意味、特別支援教育にもプラスになるのではないだろうか?

考えてみても当たり前だADHDの子どもに45分もじっと座っていろというのは、無謀もいいところだ。そして、もしだらだらとした授業をしていれば大人だって、ふらふらしたくなる。そんな状況で、特別支援教育といっても・・・、まず、すぐにできることから見直していただきたいといつも思うのだ が・・・逆にこれは最も難しいことなのかもしれない。

最後に、落ち着きがないのは本人の努力が足りないからではない。特性がそうさせるわけだが、前述したように、今の学校教育にも、まだまだ身近なところで改善の余地があるのではないだろうか?

LDって何?

「ADHD、LD、HFPDD、軽度MR児保健指導マニュアル―ちょっと気になる子どもたちへの贈りもの 編者小枝達也」を読んで引き続き取り上げていきたい。以下点線(--)間引用

----------------------ここから
LDとは?
LDはlearning disabilities または learning disorders を略したもので、学習障害と訳されます。これは(1)知的発達は正常であるにもかかわらず、(2)努力しても読むこと、書くこと、計算することなどのある特定の能力を身につけることが困難、あるいは不可能であり、(3)中枢神経系に原因があると推定される場合をいいます。<省略>

頻度はどのくらい?
英語圏では発生頻度が高く、5%とも10%ともいわれています。従来、一文字が一音に対等する言語文化圏(ドイツ、イタリア、スペイン)では発生頻度が少ないことはよく知られています。日本語圏でも同様に発生頻度は低く0.5%以下といわれていました。しかし、LDの存在が知られるようになり、最近では 1~2%ではないかと推定されています。<省略>

症状は?
LDの中心的は症状は読字困難(ディスレキシア)です。ほとんどの場合、書くことも障害されますので、「読み書き障害」と考えるとよいでしょう。比較的少ないのですが、数の理解や数の操作が難しい算数障害といわれる状態もあります。ADHDを合併することも少なくありません。この場合、行動面ばかりが注目されて、LDについては気づかれないことも多いようです。そして、ADHDがLDそのものではないことによく注意する必要があります。<以下省略>
----------------------ここまで

一般的にADHDや自閉症は割と有名であろう。しかし、LDというとへたをすれば、レーザーディスクなんていう人もいるかもしれない。(レーザーディスクすら知らないひともいるだろう。)

そんなLDについては、どんな症状かというより聞いたことがないとか、それって何?という人が多いだろう。上記の引用を読んでいただければ、どういう症状かは、ある程度わかるとは思うが、その状況を理解できるだろうか?

もし、自分がADHDだったとしたら・・・・、その状態をある程度想像することは可能であろう。だから家族などが対応出来る出来ないは別だが、ある 意味その困難さや症状の想像がつき、もし子どもがADHDであると気がつけば、対応もとりやすいかもしれない。何度もいうが出来る出来ないは別として・・・・

それに対してLDは、特別小さいときには目立つ問題が少ないであろうから、ADHDが合併していない場合、気がつかず幼稚園や、場合によっては小学校へ通うようになって、あれっ・・・となるケースが多いだろう。

たとえば、自分自身で計算が出来ないとか、字が読めないということを想像する事ができない・・・

皆さんはどうだろう。LDの中では少数派である計算ができないという問題(個人的に障害という言葉はできれば使いたくないので、若干読みにくい場合があると思うが、ご理解いただきたい。)の場合を考えてみたい。

ルート2×ルート2という計算式があったとしても、知らないから出来ないという場合は、当然のように理解できるだろう。しかし、通常の計算自体ができないということが、どういうことか想像できるだろうか?どうここに表現していいのかもわからない。

つまり、それだけ一般には想像しがたい問題ということになり、気がつきにくいし、周りにも理解されにくい問題であるだろう。まして、子どもどうしの場合はなおさら理解されないだろう。

であるから、家族は自分の子どもが、変だと感じたら、どのような場合でも早く手をうってもらいたい。中にはそのうち読めるように、または書けるよう に、場合によっては計算できるようになるだろうなどと安易な判断をして、様子を見ている親がいるかもしれないが、勝手な判断はいいはずがない。

生死に関わることでもないし、世間体が気になるから、もう少し様子を見てみようなどという考えを持っている方がいたら、それは禁物だ。まずは、すぐに専門の機関に相談するのが筋であろう。それで、もし、なんでもなければ、それはそれで喜ばしいことであるだけだ。

広汎性発達障害って便利?

「ADHD、LD、HFPDD、軽度MR児保健指導マニュアル―ちょっと気になる子どもたちへの贈りもの 編者小枝達也」を読んで引き続き取り上げていきたい。以下点線(--)間引用

----------------------ここから
HFPDDとは?
広汎性発達障害とは、自閉症と同質の社会性の障害を中心とする発達障害の総称です。自閉症スペクトラム(連続体)と呼ばれることもあります。知的障害を伴わない自閉症は慣例的に高機能自閉症と呼ばれてきたので、知的障害をともなわない広汎性発達障害をHFPDDと呼んでいます。そのなかには高機能自閉症、アスペルガー症候群、高機能のその他の広汎性発達障害(非定型自閉症)の三者が含まれます。

頻度はどのくらい?
自閉症は1万人に4~5人程度のまれな病気と考えられました。また、知的障害を伴わない自閉症はさらにその2割程度といわれていました。しかし、最近の調査では、HFPDDは従来考えられていたよりもずっと多いことが明らかになってきました。<省略>250人とか200人に1人存在するのです。

症状は?
広汎性発達障害という名称の意味は、自閉症の3つの主症状である(1)社会性の障害、(2)コミュニケーションの障害、(3)想像力の障害に加えて、 (4)多動や不器用など行動や指先の発達にも乱れを生じる、ということなのです。<省略>発達障害は加齢によって、また療育によって大きく変化するということです。<以下省略>
----------------------ここまで

知的障害をともなわない広汎性発達障害をHFPDDと呼んでいるとのこと。

この広汎性発達障害という言葉は、ある意味診断する側からすると便利で、診断された方も、あまりショッキングではないような、あいまいな診断名であると思う。

自閉症スペクトラムに属する(自閉症スペクトラムから正常域へと繋がって行くがそのボーダーラインは、特別はっきりしていないようだ)場合は広汎性発達障害といえるわけだから、使い安い診断名になるだろう。

そういうわけなので、これは個人的な意見ではあるが、高機能自閉症といわれるより、知的障害をともなわない広汎性発達障害やアスペルガー症候群と診断される方が、気分は落ち込まないのではないだろうか?(実際には高機能自閉症とアスペルガー症候群は、診断する際に分けないケースが多いかもしれない)

痴呆症が認知症に呼び名を変えたように、広汎性発達障害という表現は自閉症を直接的に表す言葉からみると、ある意味やさしいような気がするが、実際にはなんのことやらさっぱりわからないということになるだろう。

そして、問題はここからだ。学校などで担任の先生に「この子は広汎性発達障害です。」といってもピンとくる先生とわからない先生がいることだろう。第一、ADHD,LD,自閉症などの違いがわかっても、実際には合併しているケースも多々あるから、問題がある生徒を見た場合、よくわからない先生も多いのではないだろうか?まして広汎性発達障害では、なんの事やら・・・となってしまうようなきがするが、考え過ぎか・・・